映画の部屋

どうも初めまして、菊飛です…  映画大好きなんで、映画関係や雑記など書いてきます…

感想評価)クイーンの誕生秘話とフレディマーキュリーの波乱万丈な人生を描いた超大作…ボヘミアン・ラプソディ(感想、結末、裏話)

    

クイーンの誕生秘話とフレディマーキュリーの波乱万丈な人生を描いた超大作…ボヘミアン・ラプソディ(感想、結末、裏話)

f:id:mt594322mt:20190904021230j:plain

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

 

 

 

キャスト

 

フレディ・マーキュリー

ラミ・マレック

 

メアリー・オースティン

…ルーシー・ボイントン     

 

ブライアン・メイ

…グウィリム・リー

 

ロジャー・テイラー

ベン・ハーディ

 

ジョン・ディーコン

…ジョゼフ・マゼロ

 

 

あらすじ~

1970年代初頭のロンドン、ゾロアスター教徒ペルシャ系移民出身の青年ファルーク・バルサラは音楽に傾倒し、厳格な父とは折り合いが悪く、夜であるいて真面目な人間になりなさい的なことを言われていた。

自分のルーツを嫌って「フレディ」と名乗っていた。

ある日フレディは今いたバンドに未来がないとのことで脱退した。

そして、ファンだったバンド「スマイル」のメンバーでギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラーに声をかけ、ヴォーカリストが脱退したばかりの同バンドに見事な歌声を披露して新しいヴォーカル兼ソングライターとなる。

同じく新メンバーのベーシスト・ジョン・ディーコンとともに新生バンドをスタートさせるのであった… 

 

 


 

 個人的評価…8/10

 

 全米映画俳優組合賞では主演男優賞を獲得。

第72回英国アカデミー賞では主演男優賞、音響賞を獲得。

などなど

      

     

f:id:mt594322mt:20190904021245j:plain

クイーンライブシーン

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

一文感想 ↓

クイーンの誕生秘話とフレディマーキュリーの波乱万丈な人生を描いた超大作。

 

 フレディマーキュリーがバンドメンバーを集めて、頑張って地方の小っちゃいホールで頑張っているところから、何十万の観客に全世界の人たちを熱狂させるまでになるまでの波乱万丈な人生を描いているんです。

 

こんな簡単に書いていますけど、途中仲間割れやらプロデューサーや出資者との衝突に作曲中の喧嘩、スキャンダルなど見所はたくさんあります!

当時クイーン世代の人たちにはほんと懐かしい思い出がフラッシュバックされるでしょうね!

自分は、残念ながら、フレディマーキュリーが死んだ頃くらいに生まれた世代なんで当時を知らないですが、自分の家にCDがあって初めて聞いたのが、クイーンだったという思いでがあるんですよねぇ…

 

小っちゃい頃聞いてたあのバンドがこんな感じで歩んでたのかと思うと色々思うところがありますよ!

 

と脱線しちゃいましたけど、一番印象に残ったのは、やっぱり最大の仲間割れでしょうね…

やはり大きいバンドグループになるとああいう大人の事情というやつが絡んできちゃうんですかねぇ…

 

各メンバーがほんとに似ている!!

これは、観ていてびっくりしましたね。

 演技も歌も見た目もかなり寄せていますし、色々賞を受賞するのも納得ですね。

 

心温まるコメディを観たいという方、可愛らしいくまさんの映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

     

     

f:id:mt594322mt:20190904021308j:plain

フレディマーキュリーの有名であろうポーズ

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

フレディマーキュリーの奇想天外な行動がどんどんいい方向に!

 

 バンドメンバー集まりました!そして、フレディがアルバム作ろうぜ!!ということでお金ないから、バンドメンバーの車売ろうって

 

自分の車じゃないんかぁ~~い!笑

 

その車の所有者のバンドメンバーは、ぶつぶつ言いながら売っちゃうっていうのもちょっと面白いですよね笑

その収録風景もなんとも奇想天外笑

はたからみたら、こいつら何やっているんだ?収録しないで遊んでるのか??レベルですね。

 

これからも新たな曲作る時、色々なジャンルを取り入れたりと…

観ていたら飽きないんですよね!

 

 

 

        

     

f:id:mt594322mt:20190904021336j:plain

立ち尽くすメンバー

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

成功の陰には失敗やスキャンダルが…

 色々失敗や苦労が多い分、成功も輝かしいクイーン。

そんな有名なバンドになれば、やはり出てくるのはスキャンダル。

映画の中でも新曲発表なのに曲ではなく、スキャンダルについての質問ばかり…

その時の演出もドラックをやっているかのような幻覚的な演出でしたね。

 

その中でも一番フレディが食いついたのが、同性愛疑惑…

これは、今後色々な伏線へと繋がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

    

     

f:id:mt594322mt:20190904021411j:plain

仲良く歌うクイーンメンバー

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

知ってる世代には、あの曲が出てきてテンション上がる!

 

 当時を知っている世代なら、「あ~この曲懐かしい!!」ちか「おぉ!これ好きな曲じゃん!」と他の映画以上に楽しめるでしょうね。

 

知らない世代でもこの映画を観て、聞いてみたいって思うことでしょう。

実際、公開してからクイーンのCD購入率やレンタル率が格段に上がったみたいですね。

自分も今、クイーンを聞きながらこれを書いているくらいですからね笑

 

因みに自分が一番好きなのは、「we will rock you」です。

映画内でもこの曲を作る風景がでてて、勝手にテンション上がっていました笑

あなたは、クイーンのなんの曲が好きですか??

 

 

     

     

 

 

 

f:id:mt594322mt:20190904021523j:plain

一人孤独なフレディマーキュリー

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

冒頭の配給会社の音楽がカッコいい!!

冒頭の配給時の音がロック調になっているんです!!

こういうとこをいじるのほんと好きです笑

まさかの開始すぐにテンションが上がると思ってなかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 余談、裏話…

         

f:id:mt594322mt:20190904021550j:plain

クイーンライブシーンその2

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

 実は日本と関わりが深いクイーン。

クイーンはイギリスでデビューアルバムを出した時は色々酷評を受けていて、ライブを好条件で受けることはなかなかできなかった。

だが、日本だけはクイーンを暖かく迎えたのだ。

その後、黄金期になってからイギリスでも注目を浴びてきても日本をひいきしてくれていた。

現存のメンバーは今も日本に大きな恩を感じてくれているらしいです。

 

マイケルジャクソンと関わりが深かったんです。

 マイケルジャクソンがフレディマーキュリーのファンだったんです。

度々クイーンのライブを見に来ていたほど。

 

実は、ライブの観客にクイーンのベージストジョン・ディーコンの実の息子のルーク・ディーコンがいます。

トラック運転手役でグラミー賞にもノミネートしたことあるアダム・ランバートが出演しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結末~

 

f:id:mt594322mt:20190904021644j:plain

ライブエイドのラストシーン

映画.comボヘミアン・ラプソディの作品情報より引用

(C)2018 Twentieth Century Fox

 山あり谷ありでクイーンは、なんとか成功を納めてきたが、ある時フレディ・マーキュリー宛にソロでの話が持ち上がる。

だが、フレディは、それを断りその話を持ち出したプロデューサーをクビにする。

勝手にフレディが自分らのプロデューサーをクビにしたことに不満をもらすが、その場は丸く収まる。

その後、フレディ自身がゲイということに気づいて、メアリーと別れることになったりしてしまい、どんどんフレディの人生に陰りが見え始める。

その後、クイーンの各メンバーが家族を持ち始め、自分だけが孤独と感じ始めたことをきっかけにソロ契約を勝手に契約する。

そのことでクイーン内で仲間割れ状態になる。

フレディは、ソロ契約遂行のため奮戦するが、なかなかうまくいかず、フレディ自身も体調を崩し始めていた。

そのころ、フレディの元にメアリーや新しいマネージャーからチャリティーイベントのライブエイドの話があるが、ポールが軽くあしらってしまい、フレディの耳には入らない。

 

フレディの体調がどんどん悪化し始めた頃、フレディの元にメアリーが突然やってきて、何度も電話したことと妊娠したことを告白。

フレディは、何度もメアリーにそばにいてほしいと願ったが、妊娠の報告になんということという祝福ではなく、非難に近い言葉が出てしまい、そこからメアリーとは決裂。

フレディは、ポールになんで電話があったことを伝えなかったのかというと言ったと言い始める。

それに呆れたフレディは、でてけと言ったところポールが今までの色んな事をばらすと脅してきたのだ。

最低な屑だなとひとしきり罵った後、自分からポールの元を去る。

 

その後、フレディがクイーンのメンバーと和解したいということでクイーンメンバーと集まり、素直に謝り和解。

和解条件は、今後の作品はクイーン名義、取り分は前のように折半だという条件。

その時、ライブエイドの出演を決意する。

 

和解後、病院で検査してもらったらフレディがエイズに感染していたことが判明。

その後の練習の際、クイーンメンバーに打ち明け、そのことでの同情などいらんと言い張り、ライブエイドを全力でやるということを宣言。

 

一度口説こうとし振られて、「本当の自分を取り戻したら再開しよう」と言われたジムの元を訪れ、恋人同士となる。

両親に友人と紹介し、その足でライブエイドへ

そして、最後のステージを全力でやりきり、大成功。

 

1991年、フレディマーキュリーは、ジムに看取られ死去。

フレディの名を冠したエイズ患者支援基金「マーキュリー。フェニックス・トラスト」が設立されたと語られた…

 

 

題名について

この映画の題名のボヘミアン・ラプソディは、最初出資者と揉めて出せなかった作品で、ラジオで流したところ酷評を受けてしまった。

その後、フレディマーキュリー死後、再度リリースしたところ大ヒットをかましたというアルバムだ。

 

 

 

下記ボヘミアンラプソディの映画のライブエイドシーンと実際のライブエイドのクイーンでの比較映像です。

www.youtube.com

BOHEMIAN RHAPSODY MOVIE 2018 [ LIVE AID COMPLETE SONGS Side by Side with the QUEEN LIVE AID 1985 ]

Juan Dela CruzさんのYouTubeより引用

下記参考URL

https://www.youtube.com/watch?v=8z6wJHPhJUM