映画の部屋

どうも初めまして、菊飛です…  映画大好きなんで、映画関係や雑記など書いてきます…

感想評価)元麻薬捜査官のステイサムがド田舎の町で大暴れ!…バトルフロント(感想、結末、裏話)

    

元麻薬捜査官のステイサムがド田舎の町で大暴れ!…バトルフロント(感想、結末、裏話)

f:id:mt594322mt:20190909233244j:plain

映画.comバトルフロントの作品情報より引用
(C)Homefront Productions, Inc. 2013

 

 

 

キャスト

 

フィル・ブローカー

ジェイソン・ステイサム

 

 

モーガン・“ゲイター”・ボーダイン

ジェームズ・フランコ

 

 

シェリル・マリー・モット

ウィノナ・ライダー

 

 

 

あらすじ~

元麻薬潜入捜査官のフィルは、とある事件をきっかけに現役を引退した。

現在は亡き妻の故郷で愛する娘マティと二人で幸せに暮らしていた。

ところがある日、マディが学校でいじめっ子と喧嘩をしてしまいその子をケガさせてしまう。

そのいじめっ子の伯父であるゲイターと名乗る素行の悪い男の妻は有名なモンスターペアレントで、早速マティとその父に噛みついてきた。

その結果、ゲイターが絡んできて、それを倒してしまったのが原因で、フィル親子は目をつけられてしまう。

 

 


 

 個人的評価…6.5/10

 

 

      

     

f:id:mt594322mt:20190909233258j:plain

険しい?顔のステイサム

映画.comバトルフロントの作品情報より引用
(C)Homefront Productions, Inc. 2013

一文感想 ↓

ステイサムアクションが堪能できる良作。

 地元の田舎に戻ってきた元麻薬捜査官の凄腕デカがその田舎で一番ヤバいやつに目をつけられ、コテンパンにしちゃうという観る前からなんとなく結末が分かっちゃう作品。

だけど、大体の視聴者は、ステイサム映画のアクションを観る為映画を大体見ているはず!

(自分もその一人。)

ステイサムことフィルがキザなセリフを吐きながら、男たちをコテンパンにのしていく様…それだけで十分良作だ!!

ストーリー構成もなんだかんだで最初の麻薬捜査官時代の話と繋がっていたりと完全ありきたり…というわけではない。

 

後半は、ステイサムアクション盛だくさんなので、楽しみながら観られましたね。

 

 

ジェイソンステイサム大好き!という方は特にオススメだ!

 

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

     

     

f:id:mt594322mt:20190909233324j:plain

フィルとその娘

映画.comバトルフロントの作品情報より引用
(C)Homefront Productions, Inc. 2013

娘にとんでもない事吹き込んでるフィル

 学校で問題児に喧嘩を売られた時、やり返したら…コテンパンにのしてしまう笑

※2回警告してる。

 

ちょっとした護身術?を教えちゃうあたり、フィルことステイサムの溺愛っぷりが伺えますね笑

この映画、所々フィルが娘を大事にしている場面があります。

なんとも微笑ましいですね笑

 

映画のストーリー上、娘さんは結構なキーキャラなんで溺愛する場面が多いのもしょうがないですがね笑

 

 

 

 

 

 

 

        

     

f:id:mt594322mt:20190909233402j:plain

キャシーとその息子

映画.comバトルフロントの作品情報より引用
(C)Homefront Productions, Inc. 2013

ヤバい家族に狙われるが、迫力不足なのが残念

 

田舎町のちょっとヤバい一家ということなんですが、特段強いわけでもなく、小さな町というコミニティでいきっているだけなんですよね…

最初の方でゲイターが20前後の若者に威張り散らしている場面があります…

う~ん…迫力が足りないんですよね…

もうちょっと強そうだったりしてくれれば良かったんですけど笑

その点が残念でしたね。 

 

 

 

 

    

     

f:id:mt594322mt:20190909233424j:plain

ヤクを密売しているゲイナー

映画.comバトルフロントの作品情報より引用
(C)Homefront Productions, Inc. 2013

所々に出てくるアクション、後半のアクションが見所!

 ゲイターの手下であったり、ステイサムのアクションが所々見られます!

後半になれば、前半以上にたくさんのアクションが見られるので、アクション好きな人は楽しみにしていてください笑

 

結構柔術系の寝技があったりと飽きないイメージがありますね。

色んな武術を習っているステイサムのことなので、今後も期待大ですね!

 

 

     

     

 

 

 

 

 

 

 

 余談、裏話…

         

f:id:mt594322mt:20190909233646j:plain

悪いことを企むシェリルとゲイナー

 

映画.comバトルフロントの作品情報より引用
(C)Homefront Productions, Inc. 2013

 

 サイラスハンクス(ダニーTがよこした殺し屋、バイクに乗った荒くれ者のリーダー)の首の右側に1%のタトゥーがあります。

これは、映画21ジャンプストリート(2012)の1%の自転車ギャングのタトゥーと同じです。

 

ジェイソン・ステイサムが映画で使用している時計は、シルベスター・スタローンが気に入っているパネライルミノールマリーナPAM00312 co。

 

今作はシルベスター・スタローンの為の脚本だったんですが、年齢が行き過ぎているということで、保留になっていましたが、いい俳優がいるということで、ステイサムに白羽の矢が立ったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結末~

 

f:id:mt594322mt:20190909233712j:plain

本気モードのフィル

映画.comバトルフロントの作品情報より引用
(C)Homefront Productions, Inc. 2013

 ゲイターがフィルの家に侵入した際、フィルが麻薬捜査官だった過去を知った。

それにダニーTの息子を殺した過去によりダニーTがフィルを恨んでいることも知っていたゲイターはこれを利用できないかということで、ダニーTに接触し、彼の居場所を教える見返りにヤクの流通ルートをより大規模に確保しようと企んだ。

 だが、ダニーTの差し向けた荒くれ者たちは、そんな条件のむこともなく、脅して無理やりフィルの居場所を聞く。

 

その後、荒くれ者たちはフィルの家に殴りこみに行くが、仕事の同僚のティードが荒くれ者の一人と戦闘し、なんとか倒し、フィルに車のクラックションで伝える。

だが、荒くれ者に即バレて、ティードは撃たれる。(死んでるかどうかは最後までよくわからない。)

ゲイターは、不審者がいることに気づき、娘を床下の広間に隠れさせ、警察に通報するように言う。

その間、ゲイターは荒くれ者たちを銃と己の肉体で倒していく。

だが、娘が荒くれ者たちに見つかってしまい、捕まりそうになるが、ゲイターが荒くれ者たちを倒しつつ、娘を守っていた。

娘は、家から一人で脱出し湖に到着すると、ダニーTと交渉した女性がそこにいたのだ。

娘は、それを知らない為助けてと言うのだが、その女性にボートで拉致られてしまう。

フィルは、娘と携帯で連絡し連れてかれた場所の特徴を聞いていると、前日に忍び込んでヤクや製造場所とわかった場所ゲイターの仕事場だとわかり、パトカーを奪取し単身向かう。

 

その後、ゲイターの仕事場にて拉致した女性ことシェリルとゲイターは言い争いに発展。

言い争っているとキャシー夫婦が到着し、そこで問い詰められ、フィルの家を襲わせた上、娘をさらった事実を知ることになる。

それをしったキャシーは、娘を返すよう言い争いになった末、電気をつけようとすると仕事場が大爆発。(フィルが電気をつけると爆発するように仕込んでおいた)

キャシーがフィルの娘を連れて行こうとすると、キャシーとフィルがもみ合いになりゲイターは実の妹であるキャシーを銃で撃ってしまう。

 キャシーが倒れ、それを呆然と見つつもフィルの娘を車に乗せ、どこかへ逃げる。

そこへ、フィルが現れ後を追う。

ちょっとしたカーチェイスの後、フィルの車は横転してしまう。

フィルを銃で殺そうとゲイターが近づくが、フィルの娘が殺さないでと叫び、邪魔をする。

ゲイターが気を取られている間にフィルがゲイターをのしてしまう。

フィルがゲイターの銃を奪い殺そうとしるが、実の娘の前ではそんなことはできず、断念。

フィルたちはなんとか決着が付き、平和に暮らせるようになりましたとさ…

シェリルは、銃でうたれたものの軽傷で、死んではいない。